ハンドメイド作品が売れない…どうしよう?確認すべきポイント5つ

ハンドメイド作品の販売を始めたのに、なかなか作品が売れない……

と悩んでいらっしゃる方はいませんか?似たような悩みの人がいるのかもわからず、誰にも相談できないままひとりで思い詰めてしまう方もいるのではないでしょうか。

でも、「ハンドメイド作品がなかなか売れない」という悩みは、誰しもが一度は経験するものです。今回開設する5つのポイントを踏まえて、自分の作品を見つめ直してみてはいかがでしょう?

目次

ハンドメイド作品が売れないならまず自分の商品を見つめなおそう

ハンドメイド作品が売れない悩みを解決したいならまずはリサーチ!

ハンドメイド作品が売れないと悩むなら活躍中の作家さんの考え方を知ろう

ハンドメイド作品が売れないなら埋もれない技術を身につけよう

ハンドメイド作品が売れない時に資格取得が本当に役に立つ?

まとめ

ハンドメイド作品が売れないならまず自分の商品を見つめなおそう

スマートフォンで作品を撮影

工夫をこらして作品を作り上げたのに、いざハンドメイドアプリやマルシェで売り始めてもなかなか作品が売れない……ということは、誰しもが抱える悩みのひとつです。


しかし、「やっぱり私はセンスがないんだ、誰も欲しくないんだ」

と販売をあきらめてしまうのはまだ早いですよ。たとえ素敵な作品だとしても、お客様が買うきっかけをつかめていないのかもしれません。

この機会に、自分の作品を見つめ直してみてはいかがでしょう?

たとえば、もしマルシェやフリマイベントで販売しているとしたら、梱包や陳列はどのようにしているでしょうか?ビニール袋に入れただけでだったり、コピー用紙の上に手書きで値段を買いただけの陳列だったりでは、お客様としてもワクワクしませんし、なんだかみすぼらしく見えてしまいます。

この様な場合はもう少し梱包や陳列に工夫を凝らせるところを探してみましょう!

また、フリマアプリやハンドメイドアプリでの販売の場合は、改善すべき点がたくさん見つかることが多いです。

写真はどのように撮影していますか?

スマホで撮影した、ピントがあいまいで暗い写真を使用していませんでしょうか。

どんなに素敵な作品でも、その良さが写真で伝わらなければもったいないことに。どのような光源を使えばきれいに撮れるか、背景をどうすればより映えた写真になるか……など、研究してみましょう。

紹介文の書き方や作品のタイトルなどにもひと工夫必要です。

「イヤリングです」「とってもかわいいネックレスです!」など、シンプルなだけの紹介文やタイトルになっていないでしょうか。お客様は作品を探す時、「イヤリング」「ネックレス」だけで検索することはあまりありません。

例えば、「たんぽぽモチーフの春色ネックレス」というタイトルにすれば、「春 ネックレス」「たんぽぽ ネックレス」と検索したお客様に作品を見てもらうことができます。

また、紹介文にも、工夫や重要なキーワードを盛り込んでみてください。

「金属アレルギーの方にも安心な樹脂製のパーツを使っています」や「オリジナルのパーツで個性的な作品を作っています」などと書けば、「金属アレルギー対応の商品が欲しい」「個性的な商品が欲しい」というお客様の検索にもうまく引っ掛けることができますよ。

ハンドメイド作品が売れない悩みを解決したいならまずはリサーチ!

自分の作品をもっと良く見せたい!でもどうすればいい?と思ったら、まずは他の方々の様子を学んでみるのが一番です。特に、人気作家さんの写真の撮り方や見せ方はとても参考になるはずです。

ただし、決して他の作家さんの模倣をしないように気をつけましょう。たくさんの人気作家さんから学びながら、そのエッセンスをご自分の中に取り入れていくことが大事です。

一例として、PBアカデミーでレジンアクセサリー認定講師の資格を取得し、活躍している「彩pokke」さんをご紹介します。

彩pokkeさんの商品写真は、レジンのツヤツヤと明るい色使いが映える素敵なもの。商品が引き立つよう、背景はごくシンプルではありますが、商品の雰囲気がつたわるようなドライフラワーを添えていることもあります。

ハンドメイドお花のレジンパーツ
レジンで作ったお花のポニーフック

太陽の光の取り入れ方が美しく、レジンの透明感が強く印象に残ります。また、背景が真っ白ながら質感があるので、ナチュラルな雰囲気も漂います。かわいいロゴが画像内に含まれていることで、オリジナルであるアピールもできています。

また、彩pokkeさんの商品タイトルには、「コットンパール」や「くすみカラー」などの商品に関する要素の情報が入っていて、興味のあるお客様が「見てみようかな?」と思えるようなものになっています。商品説明にも、「かすみ草」「金属アレルギー対応」「耳に優しい」など、商品の魅力やこだわりが含まれている他、商品のサイズも欠かさず記載されていて、お客様が検討しやすい内容になっています。

「少しずつ個体差があり、すべて世界に一つだけの作品になっております。」
「自分だけのアクセサリーをお楽しみいただけたら嬉しいです」

という、心のこもったメッセージも商品ページに込められているので、彩pokkeさんの暖かな人となりがわかり、安心して購入できそうですね。

彩pokkeさんのような、活躍されている作家さんの商品写真や説明文を学びつつ、一方で現在どのようなデザインや商品が流行っているのかをこまめに調べるのもおすすめです。

自分らしさも大事ですが、トレンドを調べて、その要素を取り入れてみるのも面白いかもしれません。

ハンドメイド作品が売れないと悩むなら活躍中の作家さんの考え方を知ろう

売れっ子作家さんは自分とは住む世界が違うのかもしれない…と思いがちですが、実はそうではありません。人気の作家さんでも、試行錯誤の末、多くの人の手に取っていただけるようになった方がほとんどなんです。

そして、その他にも、自分自身の中に「こういうものを作りたい!」という熱い思いを持っている方がとても多くいらっしゃいます。そのようなハンドメイドに対する「熱さ」に、ぜひ触れる機会を得てみてはいかがでしょうか。

作家さんの中には、ハンドメイド販売アプリの商品紹介文やプロフィールにも想いを込めている方もいらっしゃいますし、Instagramなどで「制作のエピソード」や「作品に込めている願いや想い」を発信している方も数多くいらっしゃいます。そのようなところから「作家魂」「人気作家のメンタル」を学習していくことをオススメします。

PBアカデミーでも、人気の作家さんたちにインタビューをしています。ぜひ読んでみてください!

ハンドメイド作品が売れないなら埋もれない技術を身につけよう

ハンドメイド作品を売ったり買ったりすることが以前より手軽にできるようになった結果、ハンドメイド作家を志す人も増え、出品数も増えました。その中から自分の作品を見つけてもらい、魅力を感じてもらうのは、実はなかなか難易度が高いことです。

ですから、たとえなかなか売れなくても、自信をなくすことはありません。

一方で、たくさんのセンスあふれる作品の中で輝くには、確かな技術が必要です。また、自分の作品に自信を持ち、しっかりアピールするためにも、技術面の向上は大事ではないでしょうか。

そのような時に役立つのが、ハンドメイドに関する学習です。PBアカデミーの中でも、これから紹介する3つの講座は、ハンドメイドを販売する時にも役立つ知識や技法がぎっしり詰まっています。

LEDレジンアクセサリー講座

レジンアクセサリー講座は、レジンを使用したアクセサリーについて体系的に学べる講座です。自由度も高く、「光を取り入れてキラキラと魅力的なレジンを使って作品を作りたいけど、詳しいことはわからない」、「もしくは独学であいまいに作品作りをしてきてしまった…」という方に、この講座はぴったりです。

学習するためのテキストだけではなく、レジン液やLEDライト、封入物やアクセサリーパーツなど、すべて教材キットに含まれているのでとってもお得です。

色の組み合わせの講座が含まれているので、自分のセンスに自信がない…という方でも安心です。技術と知識、そしてセンスをまるごと学べますよ!

天然石アクセサリー講座

天然石アクセサリー講座は、その名の通り天然石を使ったアクセサリーの作り方を学ぶ講座です。天然石は、自然が作り上げた芸術品です。同じように見えますが、ひとつひとつ違う持ち味があり、その天然石を使えば、世界でたったひとつの作品が生まれます。

この講座では、アクセサリーを作るための技術はもちろん、天然石や誕生石についての知識、カラーセラピーに関する学習もできます。さらに、クオリティの高い天然石も教材キットに含まれて届きますので、美しい天然石を眺めながら学びを進めていく…という、なんとも贅沢なことができるのも魅力的です!

ハンドメイドアクセサリー講座

ハンドメイドアクセサリー講座は、イヤリングやピアス、ネックレスなど、さまざまなアクセサリーを作るための技法を学べる講座です。初心者の方だけではなく、今まで独学でアクセサリーを作っていた方にとってもオススメできます。いつかプロになって、アクセサリー作家として生計を立てたい…という方や、ハンドメイド講師になりたい!という方にもぴったりです。

こちらの教材キットにも、テキスト以外にニッパーやペンチ、アクセサリーパーツやアクセサリーマットなどが含まれており、届いたらすぐに勉強をスタートできるので、やる気を持続できます。

ニッパーやペンチの使い方、パーツの種類や素材の知識などの基礎的なことも学べますから、「これって、そういう意味があったんだ」と、驚く内容も満載ですよ!

ハンドメイド作品が売れない時に資格取得が本当に役に立つ?

数多くの作品の中から自分の作品を選んでもらうには、これまでに説明した写真や説明文、タイトルなどの見せ方はもちろん、確かな技術やセンスも重要になります。

ですが、最後のひと押しとなってお客様に信頼感を与えるのが「資格」の有無です。「この人は、しっかり学んでアクセサリーを作っているのだな」「質の良いものを使い素敵な作品を販売していそう!」と思ってもらうことは、実はとても重要なのです。

現在活躍中のアクセサリー作家さんでも、資格をハンドメイドアプリのプロフィール欄に書くことで「信頼感をアピール」している方もいるんですよ。作品そのもののクオリティアップは当然ながら、お客様にいかに信頼してもらうかを考えているかが伝わります。

アクセサリーや雑貨とはいえ、使用したり身につけるものとなると、信頼できない品質のものは使えません。きちんと学習して、金具の使い方などがきれいで安全なものを買いたいと感じる人は多いはずです。ハンドメイドに関する講座を受講し、修了した旨をアピールすれば、お客様に「資格を持っているこの人の作品なら安心できそうだな」と思ってもらえそうですね。

まとめ

ハンドメイド作品が売れない悩みは、実は誰しもが通る道です。

今、キラキラして見える売れっ子作家さんも、「なんで売れないんだろう…」と悩んだ経験がきっとあるはず、と思えば一歩前に進めそうですね。

今回解説したポイントを改善しながら、自信をつけて、どんどん作品を世の中に出していきましょう!