PBアカデミー

【ハンドメイド作品の販売方法】初心者でも簡単に始められる売れるコツとは?

  • 【ハンドメイド作品の販売方法】初心者でも簡単に始められる売れるコツとは?

「資格を取っていざハンドメイド作品を販売してみたいけどどうしたらいいの?」

今回は、このようなモヤっとしたキモチを抱えている方のために、資格を活かして、ハンドメイド作品を販売する方法をまとめました✏️

たったの3分ほどで読めるので、ちょっとしたスキマ時間にぜひ読んでみてください📖きっと読み終わった頃には、「今すぐにでもハンドメイド作品の販売をはじめたい!」と明るい兆しとともにやる気に満ち溢れるはずです。少しでもお役に立てると嬉しいです😉


ハンドメイドの資格を活かして作品を販売しちゃおう!

PBアカデミーで学び取得した資格と、ご自身で培った技術でお作りになったハンドメイド作品を販売することで大きな収入アップに繋がります。なぜなら、資格があるからこそ箔がつき、あなたのハンドメイド作家としての価値があがり、他の作家さんと差が付くからです。

このように、「他とちょっと違う」ことを最大限に生かすことが出来るハンドメイド作品の販売方法をご紹介します。


ハンドメイド作品を販売するならマーケットアプリが鉄板!

初心者の方におすすめなのが、スマホさえあれば使える「ハンドメイドマーケットアプリ」を利用し作品を販売する方法です。このアプリを利用すれば、会員登録をして、自身の作品を写真に撮って登録するだけなので、とても簡単にハンドメイド作品を商品として販売することが出来ます!しかも、月額利用料が無料という有難いアプリが沢山あるのです。また、トラブルになりがちなお金のやりとりも、アプリを運営している会社が間に入ってくださるので、面倒な思いをすることも少ないのです。

初めてのハンドメイド作品を販売であれば、まずは月額利用料が無料アプリをうまく利用してみましょう。


ハンドメイド作品を販売するのにおすすめのアプリとは?

どのハンドメイドマーケットアプリを利用すればいいかわからないと悩んだら、アプリのダウンロード件数が多いもの、つまりユーザーの数が多いものを選びましょう。なぜなら、そのアプリを利用しているユーザーが多ければ多いほど、あなたの作品に出会い、買いたいと思ってくださるユーザーに出会える確率が高くなるからです。またユーザーだけではなく、登録している作家さんも多く、市場調査もしやすい上、様々な作品からインスピレーションや刺激を得ることも出来ます。


数あるハンドメイドマーケットアプリでも、ぜひとも登録すべきサイトをご紹介します❣️

1.minnne(ミンネ)

登録作家数50万人以上で、921万点以上の作品が出品されている国内最大規模の「minnne(ミンネ)」は、お店の名前、売上金を受け取る口座、メールアドレスさえあれば、作家として登録出来ます。気になる販売手数料は10%(税抜)で、売上金が口座に振り込まれる際の手数料は、一律175円です。ただ、売上金が1000円を超えてしまうと、繰り越されずに自動的に翌月末に支払いをされてしまうので、売上金が少ないとこの振込手数料が痛手となる可能性もありますのでご注意を。

2.Creema(クリーマ)

ミンネに負けず劣らずの規模を誇る「Creema(クリーマ)」は、国内だけはなく台湾・香港を中心とした中国語圏にもサービスを拡大しているので、海外に向けても自分の商品を発信したいと思う方におすすめです。国内の販売手数料が10%(税抜)に対して、海外での販売手数料16%(税抜)と少し高くはなりますが、ワールドワイドに自分の商品を展開出来るのは魅力的ですよね。その他クリーマの特徴としては、売上金を翌月に繰り越しが可能で、好きな時に振込申請が出来るというメリットの反面、売上金が多すぎる(3万円以上)とその分振込手数料が高くなってしまうので注意が必要です。

3.メルカリ

フリマサイトとして有名な「mercari(メルカリ)」ですが、実は多くの方がハンドメイド作品を出品しています。メルカリも上記2つと同じように販売手数料は10%ですが、振込手数料が売上金に関わらず、一律200円です。ただ「メルペイ」を使うことでそのままコンビニなどで売上金をそのまま使うことができちゃいます。メリットとしては、圧倒的な知名度とユーザー数ですが、本来はフリマとしての役割が大きいため、ハンドメイド作品を求めているユーザーは少ない傾向があるというデメリットがあります。


ハンドメイド作品の販売で意識したい売上げアップの3つのコツ

アプリを利用して、ハンドメイド作品を販売する方法をご紹介してきましたが、副業として稼ぎもしっかり欲しいと思う方のために、売上げをアップさせ人気ハンドメイド作家の道に近づける、とあるコツを特別にお教えします。これからハンドメイド作品を売り始めようとしている方はもちろん、今までなかなかご自身のハンドメイド作品が売れずに悩んでいる方も、たったこれをするだけで、売上げアップが期待大です💍


写真を制せば、売上げも制す

膨大な数ほどある作品の中から、ユーザーの目を惹き、好奇心や、購買意欲をそそるために、高いクオリティの写真を用意しましょう💡たとえ作品を商品としてサイトに登録しても、ユーザーにクリックしてもらわなければ何も始まりません。映えた写真を用意するには、カメラのピントや照明などの基本的なポイントを抑えることはもちろん、ちょっとした撮影ブースを用意するのもおすすめです。簡易的な撮影ブースでしたら、通販で1000円前後で購入が可能です。「わざわざ購入するのも」と悩む方は、白い画用紙でも十分に代用することが出来ます。また、ハンドメイドのアクセサリーを販売したいと考えている方は、作品単体の写真だけではなく着画も用意すると、ユーザーがそのアクセサリーを身に着けた時のイメージがしやすくなり、購入へのハードルが下がります。このようなちょっとした工夫を意識して、作品の魅力を最大限に引き出してあげましょう📸


作品のネーミングは慎重に考えよう

作品のネーミングもあなどってはいけません。なぜなら、多くのユーザーは複数のキーワードで作品を検索するからです。例えば、あなたの作品が仮に花をモチーフにしたピアスであったとき、作品名を「ピアス」にした場合と、「お花のピアス」とした場合、「花 ピアス」と検索したユーザーの目に行き届くのは、どちらの場合でしょうか。もちろん後者の場合ですよね。このように、ユーザーに自分の作品を知ってもらうために、ユーザーが検索しそうなワードを的確に予測して、ネーミングに取り入れるようにしましょう。


作品を購入してくれたお客様には最大級の感謝を・・・

あなたの作品を購入してくれたユーザーには、ありったけの感謝の気持ちを伝えましょう💓具体的には、そのユーザーとの最初のコミュニケーションであるサイト内でのメッセージのやりとりで、丁寧さを心掛けるとユーザーも気持ちよく取引が出来ます。また、可愛く作品をラッピングをしたり、メッセージカードを添えるなどの心のこもったひと手間を意識すると、商品が手元に届いたユーザーはより一層嬉しい気持ちになります。このように、購入してくれたユーザーに対してちょっとした気遣いを心がけると、他の作家さんと差がつき、リピーターとなってくれるユーザーも次第に増えていきます。


ハンドメイド作品の販売は誰にでもできる!

「自分の作品なんて販売しても平気かな」このような不安はつきものです。どうしても他の人気の作家さんに目がいき、その圧倒的に完成度が高い作品に自信を喪失してしまったり、気後れしてしまいがちです。しかし、ハンドメイド作品の販売は、誰にでも簡単に出来ます。販売してみることではじめて、自分の作品の評価や価値がわかり、それが大きな成長に繋がります。だからまずは、深く考えすぎずにご自身のハンドメイド作品を販売してみましょう。この最初の一歩が、のちのち大人気作家になるきっかけとなるかもしれません🌟


まとめ

今回は初心者でも簡単に始められるハンドメイド作品の販売方法と、売れるコツについてお話しさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?是非今より一歩踏み出して、記憶に残る作家さんを目指して頂けますと嬉しいです☺︎


「まだ資格をお持ちでない方」や「作品のラッピングいつも上手くいかないことがリピートに繋がらないのかもしれないからラッピング講座受けてみよう」など受講理由は人それぞれ!まずはご自分に合った講座を探して見てください!

講座を受講をして資格を取ったら、ハンドマーケットアプリで出品して見ましょう❣️


またPBアカデミーのInstagram公式アカウントでは、マーケットアプリを利用し活躍している作家さんの素敵な作品たちをご紹介中です!お手本となる方を見つけて参考にして見てはいかがでしょうか?また、どなたでも参加できるプレゼントキャンペーンなどのお役立ち企画もご用意していますので、是非フォローしてみてくださいね!