レジンのネックレス作ってみませんか?おすすめデザインや作り方まで大公開!

(@majo_merika)さんのレジンネックレスの作品


レジンのネックレス作りに興味があるけれど、必要な道具もわからないし、どんな手順で作るのかも分からないから知りたい。


そんなレジン初心者さんに、レジンがどのようなものかご紹介します!


レジンのネックレスを作ってみようと考えているなら、是非ご覧いただきたい内容になっています。


おすすめのレジンネックレスのデザインもご紹介しているので、デザインを考える時の参考にしていただけます。

■この記事はこんな方におすすめ

  • ・レジンのことをよく知らない
  • ・レジンでネックレスを作ってみたい
  • ・どんなデザインのネックレスが作れるのが知りたい
  • ・1から学べる講座が知りたい
  • ・レジンに使う道具を揃えたい

目次

♢レジンのネックレスって?

♢レジンのネックレスを作るには道具や材料は何が必要?

♢レジンのネックレス!一気に首元をおしゃれにしてくれるデザイン3選

♢レジンのネックレスで大人可愛く首元を飾ろう!レジンネックレスの作り方

♢レジンの花ネックレスなど様々なアクセサリーが作れるキット講座がおすすめ!

♢レジンのネックレスづくりをきっかけに新しい世界へ踏み出そう


レジンのネックレスって?

ネックレスが欲しくて探しているのに好みのデザインが見つからないということはありませんか?

色々なアクセサリーショップを見てまわったり、ネットでも探しても見つからない。

そんなときは、思い切って自分で作ってみてはどうでしょうか?


レジンで理想のネックレスが作れるかもしれません!

レジンのネックレスとひと口にいっても、そのデザインは様々です。


インスタグラムで『#レジンネックレス』で検索すると、沢山の素敵な写真が出てきてレジンの人気の高さが感じられると思います。

中には「これ、どうやって作ったの!?」とびっくりするような作品もあります。
好きな形や色を表現できるレジンだからこそ、アイデア次第で世界でたったひとつのオリジナルネックレスを作ることができるんです。


レジンのネックレスを作るには道具や材料は何が必要?

(@majo_merika)さんのレジンネックレスの作品

レジンに初めて挑戦しようと思う方は、まずどんな道具があればいいのか気になりますよね。

ここではレジンでネックレスを作るのに必要な基礎の道具をご紹介します。

  • ・レジン液
  • ・LEDライト
  • ・ゴム手袋
  • ・ピンセット
  • ・モールド(型)、台座(フレーム)
  • ・ネックレス用チェーン
  • ・封入物(ドライフラワーやシェルなど)

その他、下敷きとしていらないクリアファイルなどもあると、テーブルが汚れないのでいいと思います。

レジンでのアクセサリー作りには大がかりな道具が必要ないので、気軽に始めることができます。

こちらのページで写真付きでさらに詳しくご説明していますので参考にしてください。

レジンのネックレス!一気に首元をおしゃれにしてくれるデザイン3選

レジンのネックレスを作ろうと思った時に参考になるデザインを3つご紹介します。

https://www.instagram.com/p/BpJ1BAcnRoD/?igshid=1beust0w84cqw

こちらは台座(フレーム)を使ったステンドグラス風のデザイン。

色を変えるだけでなく、ラメが入っている部分もあるのが綺麗です。


同じ台座(フレーム)でも配色によってイメージががらりと変わります。

カン付きの台座(フレーム)だと、ネックレスのチェーンを付けるのも簡単なので、アクセサリー作りの初心者さんにもおすすめです。


https://www.instagram.com/p/B3rE1CIHXV5/?igshid=1ozs4stlba31v

こちらは、一見天然石にも見えるネックレスです。

革ひものネックレスも素敵ですね!
ゴールドやシルバーのチャームととてもマッチしています。


https://www.instagram.com/p/CBSptV0HhXT/?igshid=1vogm371g2ia5

ぷるんとしたペンダントトップがまるでゼリーのような、とてもかわいいデザインです。

封入物をいれなくても、色使いと形だけでかわいくできる。それもレジンの魅力です。

3つのデザインを見ていただきましたが、作ってみたいデザインはありましたか?
もちろん、ここでご紹介したデザインだけが全てではありません。


まずは「作ってみたい!」と思えるデザインを見つけて、それを参考に作ってみるといいと思います。

次に、実際にレジンでネックレスを作る手順をご紹介します。


レジンのネックレスで大人可愛く首元を飾ろう!レジンネックレスの作り方

ここでは、こちらのレジンのネックレスの作り方をご紹介します。

レジンネックレス作り方

用意したフレーム内に色のついたレジン液を入れていきます。

爪楊枝を使ってすこしずつ進めていきます。


白いガラスのシェルも少しのせました。


一度ライトをあて、硬化します。

立体的な仕上がりにしたいので、丁度良い具合になるように再度レジン液をのせ仕上げます。しっかり硬化したらネックレストップは完成です。


次に丸カンをつけ、チェーンを通したらネックレスの出来上がり!


今回使ったステンドグラス風のフレームを使うと、封入物を使わなくても配色次第で素敵な仕上がりになります。


その為、レジン初心者さんが初めて作る作品としてもおすすめです。


ここではフレームを使った作り方をご紹介しましたが、レジンでは「モールド(型)」と呼ばれる型もよく使われます。


モールドを使ったアクセサリーの作り方を詳しくご説明した記事もありますので、是非ご覧ください!


また、ピアス作りに興味がある方はこちらの記事も参考にしていただけるはずです!


レジンの花ネックレスなど様々なアクセサリーが作れるキット講座がおすすめ!

レジンを使ったネックレスなどのアクセサリーは、簡単なものなら初心者さんでも作ることができます。

初めて作品が出来上がった時はとっても嬉しいですよね。

ですが、アクセサリーの形にすることはできても、「イメージしていたアクセサリーとはなんだか違う」「仕上がりが納得いかない」と感じる方は多いと思います。

もちろん、初心者さんなんですから当たり前です。

もっと上達したいと思った方や、1から手順を踏んでしっかりと作品作りを学びたいという方は、キット付きの通信講座で学んでみてはいかがでしょうか?

現在レジン&オルゴナイト作家としてご活躍中のmerikaさんも資格取得された『LEDレジンアクセサリー講座』がこの記事をご覧の皆様にはおすすめです!

(@majo_merika)さんのレジンネックレスの作品


レジン作品を作るのに必要な基本的な道具がすべて揃います!


通信講座なので仕事をしていたり、子育てで忙しい方でも空いた時間に自宅で受講できます。

ぜひ学びを取り入れて、ハンドメイドの作品販売サイトへ販売できる作品を、自分でも作れるようになりましょう!

レジンのネックレスづくりをきっかけに新しい世界へ踏み出そう

レジンを使えばネックレスをはじめとしたアクセサリー作りを気軽に楽しむことができます。

透明感を生かしたシンプルな作品や、アンティーク調の作品、可愛い色を付けたファンシーな作品などなど、レジンを使えば様々なテイストの表現ができるのも魅力です。


そんな奥深いレジンのこと「もっと知りたい!」「学びたい!」と思う方は、先ほどご紹介したキット付きの講座を検討してみてはいかがでしょうか。


さらに、趣味で留まらずに「レジン作家や講師を目指したい」と思うのであれば、独学ではなく講座でしっかり学ぶ事が近道になります。

レジン作家に資格が必要なのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。資格取得がなぜ近道なのか、その理由についてはこちらの記事で詳しくご説明しています。

興味のある方は是非ご覧ください。