レジン教室の講師に挑戦!技術の身に付け方や準備すべきことは?

「レジン教室、私にもできないかな?」と思ったご経験はありませんか?

趣味で作ったレジンアクセサリーを友人に見せたら「作り方を教えて」と言われた経験ありませんか。

自慢のレジン作品をSNSに投稿したら「どうやって作るんですか?」と質問を受けたことありませんか。

世の中には、レジンを知りたい、学びたい人がいる=レジン教室の講師の需要があるということなのです。

どうやって教室を開いたら良いの?

講師になるためのレジンの技術はどのくらい必要なの?

疑問点や不安がありますよね。具体例を出しながら、レジン教室の講師になる方法を解説していきますので、最後までご覧ください。

目次

レジン教室を開講したいけど、どうしたらいい?
レジン教室でも会社組織に属する講師と個人講師があるけれどその違いとは?
レジン教室の場所を探すときのポイントは?
レジン教室の集客方法は?
レジン教室はそもそも何を教えているの?
レジン教室で講師として教えるにはどんなノウハウが必要?
レジン教室を開講できるようになれる知識や技術を学べる人気講座は?
レジン教室の参考に!PBアカデミーの認定講師のレジン作品を紹介します!
まとめ


レジンの教室を開講したいけど、どうしたらいい?

講師や先生という肩書きは、少し敷居が高いイメージがありますよね。そのため、私なんかが講師をしても良いのかなと、ためらわれる方もたくさんいると思います。

大切なのは「あなたの技術を教えて欲しい方に教える」ことなのです。

もちろん、教室を開く場所や教える内容など決めなければいけないこともあります。

では、順を追って確認していきましょう。

レジン教室でも会社組織に属する講師と個人講師があるけれどその違いとは?

講師には会社組織(カルチャースクールなど)に属して活動する講師と、個人で教室を運営する講師の2種類があります。

カルチャースクールで講師を希望するなら、新しい講座の入れ替わる春と秋に向けた講師の募集があるので、直接問い合わせてみるとよいでしょう。

教室の確保や宣伝はカルチャースクールで行ってくれますが、その分相応の手数料がかかるというデメリットがあります。

個人で講師をする場合は、教室を開く場所や集客などは自分で行わなければいけませんが、他の教室とは違ったオリジナリティが出せたり、自分のスケジュールに合わせて教室を開いたり、講座の内容によって授業料を自分で決められるメリットがあります。

レジン教室の場所を探すときのポイントは?

自宅の一室を教室用にすることができれば、賃料も発生しません。レジンの道具や材料の準備も楽で、講師としてのメリットは大きいです。

しかし、教室となる部屋がない等の理由で自宅で教室を開けないという方もいますよね。

では、どのような点に気をつけて場所を探したら良いか?

・通いやすい場所を選ぶ

・カフェやハンドメイドの材料が調達できるお店が近くにある

最寄駅からの距離、駐車場、駐輪場が近くにあるか、治安なども確認したいポイントになります。

教室として貸してもらえる場所は?

自宅以外で教室を開くと賃貸契約など、月にかかる経費は大きくなります。新規の生徒さんやリピーターの生徒さんが増えるまでは、時間単位で場所を貸してくれる施設の利用をおススメします。

<例>

・コワーキングスペース

・ハンドメイド雑貨店

・カフェ

コワーキングスペースは、個人が場所を共有しながら働くことが出来るレンタルスペースです。レジンを教えるために広さが必要であれば、個室の会議室も1時間単位で利用できるので、周囲を気にせずに講習を進められます。

ハンドメイドの雑貨店やカフェでは、スペースを貸してくれるところもあります。受講する生徒さんが、そのまま集客につながるのでお互いにwin-winの関係になるからです。

インターネットの検索機能を活用し、情報収集してみてください。

レジン教室として使用したい場所があれば、直接問い合わせをしてみると良いでしょう。

場所を選ばないオンライン講師

IT化によって、高速Wi-Fiやパソコン、スマホの環境が整っているご家庭も増えてきました。

対面ではないけれど、リアルタイムで交流が取れるオンライン講師という選択肢もあります。

Zoom等のミーティングソフトを利用して講習を行うことが多いようです。


このご時世で講師活動を諦めていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

そんな今だからこそできる新たなチャレンジとして「オンラインレッスン」をしてみるのはいかがですか。

感染のリスクを抱えて対面での講師活動はせず、自分の身や生徒さんの身の安全を第一に「オンライン」で行うことをおすすめします。

レジン教室の集客方法は?

身近な人に声をかけて広めてもらう方法も有効ではありますが、より多くの人に知ってもらうにはSNSを活用してみてください。

すぐに立ち上げられる無料ブログで情報発信を行ったり、Instagramに作品を紹介しても良いでしょう。

専門スキルを教えたい方とそれを学びたい方のマッチングサイトのストアカ、講習の予約専用サイトのMOSH、得意な技術を売りたいココナラといったネットサービスを上手に併用することで、生徒さんへの認知度もアップしていきます。

そしてこうしたSNSやネットサービスに必ずと言っていいほど必要なことは、自己プロフィールです。

プロフィールにどんな内容が書いてあるかで生徒さんからの信頼を得ることができます。

その中でも「肩書き」は実は大切なんです。

PBアカデミーを受講した方はみなさん「PBアカデミーLEDレジンアクセサリー認定講師資格取得講座」を肩書きとして使用して、より活躍の幅を広げています。


自己プロフィールや強みといったご自分の「世界観」を一度振り返って見ましょう!
レジン教室への集客の鍵が見つかるはずです。

レジン教室はそもそも何を教えているの?

生徒さんが初心者の場合は、シンプルなレジンアクセサリーや、キーホルダーなどが良いでしょう。レジンの基礎も含めて作りやすく教えやすいからです。

レジンアクセサリーはとても人気が高く、教えている教室も多いです。なぜなら、生徒さんは自分のためや友人へのプレゼントとして作られる方もいますが、技術が得られればレジン作家として作品販売を考えている方もいるからです。

バッグチャームやキーホルダーといったレジンクラフトの教室は、年齢幅広く受講生が集まる傾向があります。

また、お花が好きな生徒さんはドライフラワーやプリザーブドフラワーを使ったお花をレジンでコーティングした作品を作るレジンフラワーの教室が人気です。

スマートフォンケースをお花で飾った作品はもちろん、小物入れやアロマキャンドルにお花をあしらった実用性の高い作品など様々です。

初心者の生徒さんに教えやすいレジンアクセサリーは、こちらの記事をご覧ください。

レジン教室で講師として教えるにはどんなノウハウが必要?

レジン講師として必要なポイントはいくつかありますが、まずは生徒さんが作りたい作品を教えるという生徒さんの視点に立つことが必要です。

どんなにレジンの高い技術力を持った講師でも、生徒さんに思いやりのない言動をする講師からは教わりたくないですよね。

生徒さんとしっかり向き合い、生徒さんの気持ちに寄り添うことで満足度を高める指導を心がけることがとても大切になってきます。

どんなに手の凝ったアクセサリーでも、それを作りたいと思う生徒さんがいなければ集客は望めません。

自分自身のレジンを作る技術力を磨くことはもちろんですが、生徒さんの作りたい作品や、流行を掴みどのような作品に人気があるのか、また実用性の高いレジンで作れる作品にはどのようなものがあるのか等もチェックしておくことも大切です。

アイデア満載のレジン作品については、こちらの記事にまとめてありますのでご参考にしてみてください。

レジン教室を開講できるようになれる知識や技術を学べる人気講座は?

レジンの教室講師になるためには、種類豊富なアクセサリーや作品を作る技術は身につけておきたいです。

そこで紹介したいのが、PBアカデミーのレジンキット。

レジンアクセサリーレジンクラフトレジンフラワーと3種類の講座があります。

各講座の詳細は下記よりご覧いただけます!

作り方や基礎知識をじっくり学べるので、レジンの経験がある方でも原点に戻って適切・的確な技術が身に付き、講座終了時には100パターン以上の作品を作れるようになります。

通信講座なので空いている時間に負担なく学習ができ、課題を提出して合格すると最短2ヵ月で認定講師資格が取得できるのもおすすめポイント!

認定講師資格を取得していればレジン講師だけでなく、レジン作家としても信用度は高くなります。

おススメのレジンキットについては、こちらに詳しく書いてありますのでご覧になってください。

レジン教室の参考に!PBアカデミーの認定講師のレジン作品を紹介します!

PBアカデミー資格取得者 今野さん


レジンアクセサリーを通して、多くのひととの出会い、わたしの「世界観」が広がったと素敵な言葉をくださった今野さんの作品をご紹介します!



今野さんの作品は華やかさと上品さを兼ね備えた印象を受けます。本物のお花を使われていることが本当に素敵ですね。

そんな今野さんも取られたPBアカデミーの認定講師の受講生は、16,000名以上と多数おられます。

PBアカデミー卒業生の今野美保子さんは、レジンアクセサリーの講座を受講して自信が持てるようになっただけでなく、作品の可能性・幅が広がったそうです。

資格取得後は Instagramのフォローワーさんが増えたり、ワークショップの講師依頼やカフェのイベントで作品の出展オファーを頂くようになり、活躍の場が広がりました。

今野さんがPBアカデミーの認定講師資格取得後のご活躍されている記事はこちらになります。

まとめ

レジン講師として教室を開くためのノウハウやポイントを紹介しました。

資格を活かした講師活動は、信頼・信用度が高くなります。

教える作品にオリジナリティーを出したり工夫をすることで、新規やリピーターの生徒さんが増えていきますので、色々なアイデアを考える楽しみがありますね。

PBアカデミーでは、他の受講者とSNS上やイベントで交流をて意見交換したり、お互いにセンスを磨きあったりできるのも特徴です。