おしゃれなラッピングのやり方は?箱や袋を使ったアレンジ方法を紹介

プレゼントする際、相手の方を喜ばせるのがおしゃれなラッピング。

 

しかし、リボンや箱、袋を使用したラッピングは一見難しそうで、「やり方もよく分からないし、自分では無理かな?」と思ってしまうことも多いですよね。

 

そこで、この記事ではそんなラッピングがおしゃれに見えるコツやおすすめの方法を説明します。

 

そして、おしゃれなラッピングのアイデア5選や、ラッピングを本格的に学ぶ方法についてもご紹介!ラッピングについて詳しくなって、プレゼントをもっと素敵にしていきましょう。
 

目次

・ラッピングをおしゃれに見せるコツを知ろう

・ラッピングを手軽におしゃれに!折り紙を使ってみよう

・ラッピング初心者さんもおしゃれにできる!袋を使うポイント

・ラッピングがおしゃれになる おすすめの方法5選

・ラッピングをおしゃれにする技術を本格的に学んでみよう

・まとめ

 

ラッピングをおしゃれに見せるコツを知ろう

 
ラッピングをおしゃれに見せるには、包装紙、箱、袋などの選び方にちょっとしたコツがあります。まずは、そのコツについて説明します。

 

①プレゼントの大きさや形に合ったものを選ぶ

 
まず、ラッピングはそのプレゼントの大きさや形に合ったものを選ぶことがコツです。プレゼントより大きすぎても小さすぎても、不格好に見えてしまいおしゃれに見えません。

 
箱に入ったものなら、その箱の大きさに合った包装紙を用意しましょう。また、袋を使う場合は少しゆとりがある大きさのものを選ぶのがおすすめです。

 

②プレゼントや贈る方のイメージに合ったものを選ぶ

 
次に、プレゼントや贈る相手の方のイメージに合ったものを選ぶのもコツの一つです。イメージ別に包装紙やリボンの組み合わせをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

  • 明るく元気なイメージ……カラフルな包装紙や箱、袋&ラメの入ったリボン
  •  
  • 優しくかわいらしいイメージ……ペールトーンの包装紙や箱、袋&細めのリボン
  •  
  • ナチュラルなイメージ……クラフト紙の包装紙やフェルトの袋&麻紐
  •  
  • 落ち着いた大人のイメージ……光沢のある包装紙&サテンリボンやベルベットのリボン
  •  

③あえて透明の箱や袋を選ぶ

 
そして、小物などのプレゼントでは、あえて透明の箱や袋でラッピングするのもおしゃれにするコツです。中身が見えるので、もらった瞬間にプレゼントが何か分かり、嬉しい気分になります。

 

直接プレゼントを渡す際など、相手の方の反応を見たいときにぴったりのラッピング方法です。

 
ただ、透明の箱や袋だと簡素な雰囲気にもなりかねないので、リボンやシールなどでデコレーションをしっかりとする必要があります。

 

ラッピングを手軽におしゃれに!折り紙を使ってみよう

ラッピングを手軽におしゃれにするには、折り紙を使うのもおすすめです。折り紙には、折り紙として売られている紙だけでなく、包装紙やクラフト紙を使うこともできます。

 

お気に入りの紙で箱や袋を作って、ラッピングに使ってみましょう。

 

折り紙で箱を作る場合には、箱の展開図を用意すると折り紙が苦手な方でも簡単に作ることができます。無料で展開図を提供しているサイトがたくさんあるので、ぜひ自分好みのものを見つけてみてください。

 

具体的な作り方は以下の通りです。
 

展開図を使用した折り紙の箱の作り方

1.折り紙で作りたい大きさの箱の展開図を用意する

2.展開図の通りに、ハサミで折り紙を切り取る

3.展開図の折り目にそって箱のかたちに折り、側面の4箇所をテープやホッチキスで留める

4.同じ要領で蓋を作って完成!

 

折り紙で箱や袋を手作りすると、ハンドメイドならではのぬくもりも感じられ、気持ちがこもったラッピングになります。ぜひ活用してみてくださいね。


ラッピング初心者さんもおしゃれにできる!袋を使うポイント

箱を包装紙でラッピングする方法は、自分ですると紙にシワが入ってしまったりして、ラッピング初心者さんには難しいこともありますよね。

 

そこで、簡単におしゃれにできる、袋を使ったラッピングのポイントについて紹介します。

 

袋を使うポイントは、布袋や紙袋に合ったデコレーションをすることです。ナチュラルな雰囲気にしたいのか、ゴージャスな雰囲気にしたいのかで使用するデコレーショングッズも変わってきます。

 

実例として、下の布袋のラッピングを見てみましょう。

デコレーションに、サテンリボンとタグを使用しています。色の組み合わせと素材感が華やかで大人っぽい雰囲気ですね。

 
一方、以下のラッピングはレースペーパーと紙紐を使用していて、ナチュラルな雰囲気です。

 

写真のようにおしゃれに仕上げたくても、デコレーショングッズは無数にあって、組み合わせに悩んでしまいますね。

 

袋とデコレーショングッズは、以下のように組み合わせるのがおすすめです。

  袋とデコレーショングッズのおすすめの組み合わせ

  •  
  • 布袋……リボン・毛糸・カラーワイヤー・タグ
  •  
  • 紙袋……紙紐・ステッカー・マスキングテープ・レースペーパー

 

デコレーショングッズを何種類も使用して豪華にしても、1種類のみを使ってシンプルにしてもよいでしょう。袋を使用するときは、ぜひデコレーションにこだわって、オリジナリティのあるラッピングをしてみてください!

 

ラッピングがおしゃれになる おすすめの方法5選

 
それでは、ラッピングがおしゃれになるおすすめの方法5選を紹介します。

こちらは、レースペーパーを紐で留めて仕上げたラッピング。コースターや敷物に使うことの多いレースペーパーですが、ラッピングとして使うとこんなに華やかになります。ハート型に切ったフェルトや「Just for you」のタグを紐に通すことで、ありきたりではない雰囲気に仕上がっています。

 

こちらは、母の日にぴったりのユニークなラッピング。エプロン型に包装紙を切り、それをリボンで留めています。リボンもエプロンの紐のように使われていて、その凝り具合に驚いてしまいます。真似したくなるようなアイデアあふれるラッピングです。

 

こちらは、冬やクリスマスのプレゼントにおすすめの季節感あるラッピング。包装紙にクラフト紙を、ナチュラルな雰囲気を生かして使っています。そして、そのナチュラルな雰囲気に合うように本物の松ぼっくりや木の実、葉っぱをデコレーションしています。

 

こちらは、つやのあるブラックの箱に、オーガンジーリボンが大人っぽい雰囲気のラッピング。箱や袋の素材感を生かしたい場合は、写真のように透け感のあるリボンを使用するのがおすすめです。

 

こちらは、オーガンジーの袋にアクセサリーが透けて見えるラッピング。白のオーガンジーと青いアクセサリーの組み合わせが爽やかな印象です。アクセサリー好きな方にプレゼントする場合は、こんな風に透明のラッピングだとすぐに喜んでもらえそうです。


▼そのほかの初心者三でもできる簡単ラッピングはこちらの記事も合わせてご覧ください!

ラッピングをおしゃれにする技術を本格的に学んでみよう

ここまでおしゃれなラッピングのコツや、おすすめの方法について説明してきました。

でも、いきなりおしゃれなラッピングを実践するのは難しい場合もあるかもしれません。

そこで、ラッピングをおしゃれにする技術を本格的に学べる、PBアカデミーのラッピング講座についてご紹介します。

 

ラッピングの技術を自宅で習得できる、通信講座です。ラッピングを学び始める際にネックなのが、ラッピングに使う箱やリボンを自分で買いに行かなければならないこと。

 

PBアカデミーのラッピング講座では、それらが教材キットに含まれているのですぐに学び始められます

 
初心者さんがつまづきがちな、ラッピングペーパーを用いた箱の包み方も1~2か月かけて学べるので安心。分からないことがあっても、メールや電話で無制限に問い合わせできてサポート万全です。

 

ラッピング講座では、ラッピング認定講師資格を取得できます。「ラッピングに資格って必要なの?」と思われる方は、ぜひこちらの記事を読んでみてください。

 まとめ

 
受け取った人を笑顔にする、おしゃれなラッピング。この記事で紹介したラッピングのコツやおすすめの方法を参考にして、実践してみてくださいね。

 
「ラッピングペーパーを使って箱をきれいに包んでみたい」「もっとラッピングの方法を知りたい」と思われたなら、おすすめなのがラッピング講座です。

 
わかりやすいテキストと充実のサポートで、すきをカタチにしてみませんか?