ハンドメイド作品の委託販売って?仕組みや注意すべきポイントを解説

ハンドメイド作品を委託販売している、という作家さんを見かけたことはありませんか?もしあなたがハンドメイド作品を作っているのであれば、「委託販売ってどうするんだろう…?」と疑問に思うかもしれません。また、委託販売を試してみたいけどよくわからなくて不安という方もいるのではないでしょうか。

本記事では、委託販売に関する基本的な内容や、チェックすべきポイントなどを解説していきます。参考にしてみて下さいね。

ハンドメイド作品の委託販売とは?委託販売の流れをご説明します!

「委託販売」とは、「ハンドメイド作品を作っている人から、アクセサリーショップや雑貨屋さんなどの小売販売店・販売業者に、販売業務を委託すること」です。

簡単にいうと、「作品をショップなどで自分の代わりに販売してもらうこと」を指します。

販売してもらう方には、手数料として売り上げから「委託手数料」などを支払います。

なぜ委託販売をするの?

委託販売には手数料がかかり、その比率はハンドメイドアプリなどで自分で販売するときに比べればかなり高い割合です。にもかかわらず、ハンドメイドの委託販売をするのには大きな理由があります。

それは、「販路の拡大」と「ブランド力アップ」です。

インターネット上での販売で販路を広げるには、Instagramでフォロワーを増やしたりファンを広げる…など、地道で気長な努力が必要です。ショップに委託して販売をすることで、普段とは違う客層や、インターネットをあまり利用しない方々にも手に取ってもらう機会が生まれます。

また、大手ショッピングモール内のショップや、有名なセレクトショップに委託販売ができれば、ブランド力もアップします。「●●のショップで購入できます」とアピールできるので、ネット販売での影響力も高められるでしょう。

委託販売の流れ

では、委託販売を行う時はどうすればいいでしょうか。大まかな流れは以下の通りです。

●希望のショップと委託契約を結ぶ

●納品予定日までに、販売を委託する店舗へ商品を納品する

●店舗から売り上げについての報告を受ける

●請求書を発行し、入金を受け取る

どのようなショップと委託契約を結ぶのかなどは次の項目で説明しますね。

ハンドメイド作品の委託販売先はどんなところ?

ハンドメイド作品を販売する委託先には、どのようなところがあるのでしょう。実は、意外と数多くの場所で、ハンドメイド作品は委託販売されているんです。

レンタルボックス・レンタルスペース

ハンドメイド雑貨を、ちいさなボックスなどのスペースを貸りて販売できるレンタルボックスショップ。小さな単位で借りることもでき、敷居が低いのが特徴です。

ですが、売り上げに応じてかかる販売手数料の他にも、場所代(箱代)がかかることもあり、そのような際は赤字になることを覚悟しなければなりません。

ハンドメイド雑貨・アクセサリーショップ

ハンドメイドの雑貨やアクセサリーを多数揃えているショップは、取り扱い作家さんの募集を定期的にしていることもあります。オーナーさんや店員さんもハンドメイドが好きなことも多く、理解がある場合も多いです。

自分の作品のまわりに並ぶのもハンドメイドの雑貨屋アクセサリーであるため、埋もれないように注意することは必要かもしれません。

ヘアサロン・エステ・ネイルサロン

ヘアサロンのレジやドレッサーにヘアアクセサリーが並んでいたり、ネイルサロンのレジに指輪やブレスレットが並んでいるのを見たことはないでしょうか?あのように、美容に関するサロンでのアクセサリー販売はたくさんの例があります。

自ら「置きたいです」と申告する必要がありますが、たとえば普段通っているヘアサロンの店員さんに「ハンドメイド作品を作っていて……」という雑談から始めれば、話しやすいかもしれません。一度実績が作れれば、他の店舗にも「●●というサロンにも置いてもらっています」と伝えやすいですよ。

カフェ・レストラン

意外な場所と思われるかもしれませんが、実はカフェやレストランのレジでもハンドメイド作品が販売できます。カフェやレストランで食事やリラックスをしたお客様が、その気持ちをなにか物で残しておきたい……という気分になった時、レジ横にある雑貨などを「ついで買い」することも多いのです。

たとえばエスニック料理のレストランでは少しエキゾチックな雰囲気のアクセサリー、ほっこり癒し系のカフェではナチュラルな雰囲気の雑貨……など、作品とお店の雰囲気がぴったりであれば言うことなし。自分の作品の雰囲気は、どんなお店に合うだろう?と考えてみると良いでしょう。

温泉・ホテルのショップ

穴場のひとつが、温泉やホテルのお土産ショップ。他にも道の駅やアウトドアアクティビティスポットなど、お客様が特別な体験をして財布の紐が緩んでいるような場所での委託販売はオススメです。なんとなくミスマッチ?と思うかもしれませんが、その分他に競合がいないので、きっかけがあれば注目してもらいやすいです。

たとえば、誕生石の天然石を使ったアクセサリーなどは、「誕生日なのでお祝いで旅行に来ている」という方に注目してもらいやすいですよ!

ハンドメイド作品の委託販売するならここは要チェック!

「このショップに委託をしよう!」と決めたら、あとはそのショップと委託契約を結ぶことになります。その際に注意すべきポイントをまとめました。


手数料

手数料はショップごとに変わりますが、だいたいは売り上げの20%〜40%ほど。大きなショッピングモール内のショップでは50%近くになることもあります。

ヘアサロンやレストランなどでの販売では話し合いで決められることもあるので、20%ほどでの手数料で販売できないかを交渉してみるとよいでしょう。

入金システム

たとえば、「月末までの売り上げを、翌月の15日に振り込む」という場合もあれば、「毎月20日締め、当月末振り込み」という場合もあるかもしれません。規定の銀行口座の用意が必要なこともあれば、地元のお店なら売り上げは直接取りに行くというパターンも。

ショップによって様々なので、売り上げの受け取りのシステムについては、しっかり確認しておきましょう。

納品期日

毎月何日までに商品をショップに届けるのかの規定があることもあり、それに間に合わない場合、陳列が大幅に遅れることも。納品期日と、遅れてしまう場合の対処については、ショップ側に確認をしておきましょう。

発送の場合、「何曜日の何時台に届けてください」と指定があることも。ショップ側の都合に合う発送ができるように心がけましょう。

商品に必要なタグや納品書の規定

商品を販売するのはショップのスタッフさんのため、スタッフさんが商品や売り上げの販売をしやすいよう、商品タグや納品書を用意する必要があります。その際、ショップ側に規定のルールがあるのであれば、それに従ったものを用意しましょう。

規定がないのであれば、自分の管理しやすいような番号を振ったタグを用意したり、納品書を作成したりするとよいでしょう。

ハンドメイド作品の委託販売をしている人ってどんな作品を作っているの?

ハンドメイド作品の委託販売について、仕組みはわかってきたけど、なかなか実感が湧かないという方もいるかもしれません。

「独学でハンドメイド作品を作ってきたから、わたしなんかの作品がお金を出してもらう価値などあるのだろうか……?」と自信が持てない方もいるかもしれませんね。

そんな方に、独学でハンドメイドを始めたのち、PBアカデミーの講座を学んで、現在はなんと大手百貨店でのハンドメイドアクセサリー出展も経験したという山本さんのインタビューを簡単にご紹介します。

山本さんは、「資格取得の前と後では、『踏み出す勇気』が大きく変わりました」とお話ししています。

山本さん曰く、

以前だったら「私のアクセサリーで大丈夫なのかな?」と二の足を踏んでいましたが、

PBアカデミーで勉強したこと・課題の提出でじっくり向き合ったことが礎となり「期待に応えられる物を頑張って作ろう」と考えが変わりました。

と、独学で始めたハンドメイドを、しっかり学ぶことで、「プロ」としての意識が芽生えたことを語っています。

山本さんへの詳しいインタビュー内容は下記のリンクからぜひ読んでみてくださいね。

ハンドメイドの委託販売を始めたいなら技術をしっかり学ぼう

独学でハンドメイド作品を作っていたり、ネットで少し販売をしてみても、委託販売なんてできるんだろうか、売れるだろうか……と自信が持てない方もいるかもしれません。

しかし、一歩踏み出す勇気に必要なのは、確かな知識や技術を身につけることです。

前項の山本さんのように、課題と向き合って技術を身につけたことで、プロとしての意識が芽生え、それが自信へと繋がっていくものです。

「自信をつけるための勉強をしたい!」という人向けに、PBアカデミーでは複数の講座を用意しています。修了の際には提出いただいた課題を審査、認定証が届きます。きっと大きな自信につながるはずですよ。

レジンアクセサリー講座

レジンを使用したアクセサリーの作り方を、基本から学べるレジンアクセサリー講座。レジンに心惹かれるけど、どのようなものが必要かもまったくわからない……という方にぴったりです。また、完全に独学でレジンを使っていたという方にも、改めて基本から学ぶことで新たな技法が習得できる可能性があります。

学習するためのテキストだけではなく、レジン液やLEDライト、封入物やアクセサリーパーツなど、教材キットにすべて含まれて届くのが嬉しいところで、自分で道具を買い揃える必要なく学習をスタートできます。

レジンで作られたアクセサリーはキラキラしていて魅力的。ショップでも注目度が高くなりそうです!

天然石アクセサリー講座

天然石アクセサリー講座は、その名の通り天然石を使ったアクセサリーの作り方を学ぶ講座です。この講座では、アクセサリーを作るための技術、天然石や誕生石についての知識、カラーセラピーに関する学習もカリキュラムに含まれています。さらに、クオリティの高い天然石も教材キットに含まれて届くのが嬉しい驚きです。

自然界が作った天然石は、人工パーツとは異なり、ひとつひとつ違うニュアンスがあります。特別なシーンで、誕生石の使われたアクセサリーが欲しくなるお客様は多いはずです。そういう場所で求められるアクセサリーを作るのにぴったりの講座と言えるでしょう。

ハンドメイドアクセサリー講座

この講座は、イヤリングやピアス、ネックレスなど、さまざまなアクセサリーを作るための多彩な技法を学べます。

教材キットには、テキスト以外にニッパーやペンチ、アクセサリーパーツやアクセサリーマットなどが含まれています。いずれも確かな品質のものが用意されているので、自分でいちから揃えるよりもお得です。カリキュラムにはニッパーやペンチの使い方、素材の知識などが含まれており、独学でハンドメイド活動をしていた人にも、改めて勉強になるでしょう。

ハンドメイド作品の委託販売を行いながら、知名度をあげてワークショップ講師などを目指したい方にもオススメの講座ですよ! 

まとめ

「なんだか心配で委託販売に手が出せなかった!」

という作家さんにも、委託販売をすることで広がる世界があるというのがわかっていただけたかと思います。

自分の作品の世界観にあったショップで、自分の作品をすてきに陳列してもらうのはハンドメイド作家の醍醐味のひとつかもしれませんね。技術が身に付いて自信が出てきたという方は、委託販売のスタートに向けて動き始めてみてはいかがでしょうか?